書評

レビュー

【書評】クレイグ・モドさんの『ぼくらの時代の本』を読んだ

献本御礼。実は「dotplace」にほぼ全文公開されているし、Craig Modのサイトでも原文(英語)がほぼ全文公開されているエッセイです。
レビュー

【書評】コグレマサトさん+まつもとあつしさんの「LINE なぜ若者たちは無料通話&メールに飛びついたのか?」を読んだ

献本頂きました。ありがとうございます。ボクは「LINEはやらない」と決めているのですが、ここまで流行るのはどういう理由で、どう普及して、実際のところどう使われているのかには関しては興味があります。そういう意味で参考になった1冊です。 ...
レビュー

【書評】山田順さんの「出版大崩壊 電子書籍の罠」を読んだ

いよいよ日本にもKindleが、そしてKoboがやってきます。期待する声、歓迎する声はネットで多く見られるので、あえて悲観的な見方をしている本を読んでみました。この本の著者である山田順さんは、出版社(光文社)で長年編集をやっていた方です...
レビュー

【書評】石橋毅史さんの「『本屋』は死なない」を読んだ。

この本が発行されてから、ボクの近所の小さな書店では、目立つ位置にかなりの量が平積みしてありました。たぶん今でも積んであります。ボクは「街の小さな書店」に明るい未来は無いと思っているのですが、このタイトルを書店で見て、書店員や書店主がどういう...
レビュー

【書評】高須次郎さんの 「グーグル日本上陸撃退記―出版社の権利と流対協」を読んだ

昨日、空き時間に書店によって、たまたま目についた本です。 書店で「はじめに」をさっと斜め読みしたところ以下の様な記述が目にとまりました。最初の1~6章はグーグルブック検索和解問題の顛末について取り上げています。 また、もうひとつ...
レビュー

【書評】違法ダウンロード罰則化のニュースを見て、山田奨治さんの「日本の著作権はなぜこんなに厳しいのか」を読んだ

この週末の夕方に、こんなニュースが流れました。 違法ダウンロードに罰則 著作権法案修正で合意 - 47NEWS 具体的にどんな条文になるかまだ明かされていないため詳細は判らないのですが、報じられている内容を読む限り、2010年...
レビュー

【書評】津田大介さんの「動員の革命」を読んだ

タイムラインで見かけて4月4日にAmazonで予約、4月7日には既に書店へ並んでいたようです。結局4月10日に届いたのですが、奥付を見たら発行日は「4月10日」になっていました。Amazonが発行日まで待っていたのでしょうか?こういう配本の...
レビュー

【書評】まつもとあつしさんの「ソーシャルゲームのすごい仕組み」

本書を知ったきっかけが判らなくなってしまったのですが、初版発行4月10日より前の4月8日にAmazonで注文して、なぜかその日のうちに配達されています。 ソーシャルゲームのすごい仕組み (アスキー新書 212)posted with ...
レビュー

【書評】佐々木俊尚さんの「電子書籍の衝撃」を読んだ

実は読んだことが無かった1冊。2010年4月の発行なのですが、知ったのがつい最近。今更読んでも……と思って、敬遠していました。 電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)posted with amazlet at 12.04.08佐々木...
レビュー

【書評】福井健策さんの「著作権とは何か」を読んだ。

岡田斗司夫さんとの対談本「なんでコンテンツにカネを払うのさ?」で、創作者の権利を守る立場の発言やスタンスがよかったので、1冊著書を読んでみたいなーと思って選んだのがこちらの本です。 著作権とは何か ―文化と創造のゆくえ (集英社新書)...
タイトルとURLをコピーしました